2012-03-11

2012/3/11(Sun) 掛け軸は 雪消え竹声寒しと 言うけれど

 さすがに3月の雪はそこはかとなく消えていきそうな風情が。

みぞれに濡れた赤い敷き松葉に粉雪が…。灯りのともりはじめた夕暮れの池。静かな山にもところどころ木々の芽吹きが。ひょっとして、日光は今が一番美しいかも。

いつもこの季節、床の間に掛けるお気に入りの書があります。

「林外雪消山色静。窓前春浅竹聲寒」

う~む、ぴったりではないですか。誰の詩なのでしょうか。ちなみに書の落款は「藪鶯堂書」とありました。藪のうぐいす。これまたしゃれた号ですね。



2012/3/11(Sun) しのぶ日は 悠久の時の 道しるべ

 ご無沙汰しておりました!

今日は東日本大震災の1周年。この一年夢中でした。本当に時がたつのは早いものです。

今年の1月に日本画家の小泉淳作画伯が亡くなり、このワインのラベルは北海道の六花亭さんの依頼で書いた最後のシリーズのひまわりだそうです。

原発の町にはひまわりが植えられたと聞きました。多くの方々が亡くなられ、人の世の無常を感じます。…

「悠然」とあるハガキは2007年の年賀状。東大寺の襖絵に華厳の瀧を描きたいと裏に書いてありました。ぐいのみは九代目が小泉さんの個展で求めて毎日愛用している「裸の女」。スケールの大きい画伯を偲びながらワインをいただきましょう。

はるかな旅路に先立って行った人々のあとを道しるべに、私たちは明日をつくりたいものです。



2012/3/11(Sun) ゆっくりと 今年も滞在 おひな様

 いつもなかなか片付けられないお雛様。今年はあるじの花子さんがいないのにまだ飾っておりましたが、昨日はちょうど結婚式がありまして、素敵な新郎新婦さんがお雛様をバックに記念写真を撮っていらっしゃいました。お幸せにヽ(^o^)丿

きっと花嫁さんのご両親は早くにお雛様をお片づけできた方なのでしょう。

せっかくなので、我が家のお雛様たちは2月から3月にかけてのんびりしていただきます。



人気の投稿