2013-05-27

2013/5/27(Mon) 八重鉄線と布袋様

 梅の木の下にある布袋様の石像の裏に、八重の鉄線があります。

枯れてしまったような枝から、いつのまにか白緑色の花が咲き、日を追うごとに薄紫に。

本当にオーガンジーのベールのような、さわやかな透明感。

なんともいえない品と華やかさがあります。

毎年、大女将と「咲いた?」「咲いたね!」と話題になる花の一つです。



2013-05-23

2013/5/23(Thu) 青空茜雲銀の月

夕方7時ごろでしょうか。

山のシルエットが際立ち始める夕刻。

まだ太陽の熱が残る真っ青な空に、急にむくむく立ち上がった真っ白な雲。

遠い西の夕焼けを映して、あれよあれよというまにピンクの裂取模様に。

すると、その後ろから透き通った銀色のまん丸い月がひょーいと昇ってきました。

その間、15分位。

こんな美しい空、はじめて。

おもわず、アイロンがけをする手を止めて見入ってしまいました。

自然の演出って、本当にすごいですね。



2013-05-22

2013/5/22(Wed) 太子講さま

 聖徳太子の掛け軸にお燈明。お線香。お供え餅。お酒。御供物。

お客様のご持参品です。

西町太子講の集まりがありました。

太子像は古くから伝わる江戸・明治のものだそうです。

大工さん、畳屋さん、左官屋さん、建具やさんなどの職人さんたちの講で、本当に久々に集まったそうです。

日光自慢のマイスター達です。



2013-05-18

2013/5/18(Sat) 藤

 東照宮の春の大祭の日。

今年は、山藤が豊作(?)でしたが、高井家の藤棚も満開。

新芽の弦はのびて、2階の廊下の板の隙間から顔を出したのにはビックリ!

とにかく、藤の花が咲いて、秋に葉が全部落ちるまでが庭仕事のシーズン。

おかみのたかみは、何も考えずにひたすら地球の表面と対話する毎日が続くのです。



2013-05-11

2013/5/11(Sat) バナナつつじ

 バナナ色のつつじなのでこう命名しました。

このほか紅生姜つつじ、コンペイトウつつじと名づけたものもあるのですが、去夏、大規模な剪定をして今年は撮影できませんでした。

ごめんね。



2013/5/11(Sat) お母さんつつじ

 今年も咲いたお母さんつつじ。

軒下の乾燥地なので心配してるのですが、いつのまにか咲いていました。

これを下さった小来川のお母さん。

お元気ですか?



2013/5/11(Sat) ニワウメ

 庭梅。と書くのでしょうか。

つつましやかな、雅やかな低木の花。

散り方がまたいい。

ハラハラと。はかなげに。



2013/5/11(Sat) 遅れた牡丹

 今年の牡丹は遅れました。

例年ならゴールデン・ウィークには咲くのですが…

早く咲く花と、遅くなる花。

暑いんだか寒いんだかよくわからない春でした。



2013/5/11(Sat) あけびの花

 今年はたくさんアケビの花が咲きました。

楽しみにしていましたが、このあとちゃんと実がついたのはたった一つ。

異常気象のせいか。それとも景気のせいかな。

アベノミクスに浮かれて、やっぱしダメだった、みたいな?



人気の投稿