2015-07-17

2015/7/17(Fri) 玄関で 二人ビアガーデン 開店中

 先日、あまりの暑さに、石畳の玄関にテーブルを持ち出してビアガーデン!

キャンドルも灯して、JAZZもかけて、けっこういい感じ。

アート・ファーマーの"The summer knows"

思い出の夏。

そうですかー…。

九代目との最初のデートは40年前の7月12日でしたっけ。

お互い歳をとりましたね。



2015/7/17(Fri) 大女将 やわらぎ水を 汲みにいく

大女将が持っているのはでっかいヤカン。

表にある井戸水を汲みに行ってきました。

4年前、震災の時に江戸時代の手掘りの井戸が一時出が悪くなったので新たに掘った井戸。

地下30M以上深く、大谷川の水位より深く堀ったところ、名水に当たりました。

日本酒造組合さんの勧める「やわらぎの水」として、お酒を召し上がるお客様にお出しします。

お酒を飲む時にお水を飲むことで、いっそう美味しくお酒が進むのだそうです。

売上倍増計画!

というより、やはり皆様のお体を考えてのことですからね!!



2015/7/17(Fri) ツチグリという名の不思議なキノコ

 庭のあちこちにいろいろな春(夏?)キノコが生えています。

これは初めてお会いするキノコ。

星型の外皮が開いて、なにやら不気味な頭が…。

気持ち悪いなーと思いながら,山の自然に詳しい友人に写真を送ると、

「ツチグリです。」とすぐ返事が来ました。

へー。そうなんだ。

狭い庭でも、まだまだ知らない友達がいるんですね。

調べたら、もっと白いうちなら食べられたかも、でした。



2015/7/17(Fri) 真理子さんウバユリ咲きました

山内の別荘にながいこと住んでいらしたイーストマンさん御夫妻。
去年の暮れにアメリカにお帰りになりましたが、5月に来日して、しばらく日光に滞在していらっしゃいました。
イーストマン・真理子さんからいただいたウバユリが1ヶ月もかかってやっと開花。
それほど今年の梅雨は寒かったのですね。
早速メールで写真を送りました。
真理子さんがいらっしゃらない日光は寂しいです。


2015/7/17(Fri) 庭は眺めるものです

 もうすぐ植木屋さんが入ります。

九代目がひとりで、ボーッと縁側に。

蛇が嫌いな彼は、よほどの用がないと庭には降りません。

「庭は眺めるものです」とかなんとか言いながら。

そのくせ、もっと自然に草ボウボウの庭がいいとか。

謎の人ですなー。



2015/7/17(Fri) ウバユリの 名前の由来 寂しすぎ

 5月下旬、真理子さんからいただいたウバユリ。

いつもこの季節になると持ってきてくれます。

「あなた、ウバユリの名前の由来知ってる?悲しいわよ~。」と楽しそうに言いながら(笑)。

花(鼻)より先に葉(歯)がダメになる。

オーマイガー。

あまりにも寂しすぎ。

でも、存在感のある立ち姿はなかなか。

これは何の花ですか?

と聞かれるたびに説明するのですが、暗い名前なので、最近は英語名もお話します。

葉っぱがハートの形をしていることから、

Heartleaf lilyとも言うんですって、と付け加えると、皆さん、ホッとされます。

ですよねぇ。



2015/7/17(Fri) 梅雨明けですか台風ですか

高井家駐車場の青楓から見上げる久しぶりの青空。

ずーっと梅雨が続いていました。

もう青空なんて永久に見られないのでは、と思うくらい。

しかし、このあといきなり35度以上の猛暑が続きました。

今度は太陽が恐ろしい。

と、思ったら台風11号で大雨。

15℃以上、気温が上がったり下がったり。

この頃、ちょうどいい塩梅で、というお天気がまるでないような気がします。

地球はどうかしちゃった、て本当なんですね。



2015/7/17(Fri) まず手始めにキスゲ平

 とある梅雨の晴れ間。

久しぶりの休日に霧降高原のキスゲ平園地まで行ってまいりました。

九代目は毎年、男体山の登拝祭に頂上でご奉仕をするために登るのですが、おかみのたかみはきっと一生登ることはできないと言われるくらい山登りが苦手。

キスゲ見たさにつられていい気になって出かけましたが、階段1,000段目でギブアップ。

九代目がひとりで上まで行きました。

このあと3日も筋肉痛でロボットみたいになってしまい、やはり登山は無理だな。

と自覚した次第でございます。

情けなや。



2015/7/17(Fri) 待ち遠し輪王寺薪能

7月1日。輪王寺薪能のチケットが発売されました。

今年は特別席で8月22日の一日限りとのことで、朝早く8時頃本坊まで行きました。

と思ったら、全然早くなかった。

もっと朝早い方もいらして、なんと一番乗りは3時頃だそうです!

やはり、世の中甘くないのでした。

小雨降る早朝の山内はなんともいえず荘厳で、おまけに販売所は恐れ多くも本坊の広間。

もうこれだけでありがたさ満喫。

半分以上幽玄の雰囲気を堪能したようなものです。

当日が今から楽しみ。



2015/7/17(Fri) 煮梅 梅酒、梅干し、紫蘇ジュース

 青梅が出る頃は、なんだか忙しくて毎日が飛ぶように過ぎて行きます。

今日は梅酒。

明日は梅干。

明後日は紫蘇ジュース。

と予定をたてて仕込みます。

青梅の煮梅だけはその日のうちに掃除して煮ておかないと色がとんでしまいます。

川治から美味しい梅ジャムも届きました。

もう何が何だかわからないうちに過ぎていく。

梅の季節はあとで思い出せないことばかり。

レシピを書いても、あれ?これどっちのだったかな?

家中が梅の香りでいっぱいでした。



2015/7/17(Fri) センチメンタルシューズ

 倉庫を片付けていたら出てきたお靴さんたち。

小さい。

かわいい。

どれもこれも見覚えのあるものばかり。

かかとにタロウだのハナコだの書いてあります。

けっこうきれいだな。

汚れる前にすぐにサイズが合わなくなるくらいでっかく育った子供たち。

早速写メで撮ってラインで送りました。

「覚えている~。」との返事。

そうか、そうか。

やっぱり捨てられなくて、元の場所に逆戻りしたのでした。



2015/7/17(Fri) 立てば芍薬 絵にも描けない 美しさ

 芍薬が順番に咲いてちょうど見頃の時。

古い板戸の前に置くと、まるで絵に描かれた花のようです。

花びらは薄紙のようで、花器は透明なガラスで、なんだか本物っぽくないところがとてもシュール。

絵が自然を模倣するのか、自然が絵を模倣するのか。

たまにわからなくなってしまいます。



2015/7/17(Fri) 筍の 掛け花入れに 八重鉄線

これは、真理子さんからいただいた珍しい竹の根の花入れ。

ひっそりと咲いていた庭の鉄線を入れたら急に艶やかに。

きっと野にあった日々を思い出しているのでしょうか。

でも、根っこの形って、反対にすると筍の形なんですね。



2015/7/17(Fri) お誕生日にお花いくつになってもうれしいな

毎年、おかみのたかみのお誕生日は、滝の尾神社のお祭りです。

したがって九代目は夜遅くまで帰ってきません。

というわけで、いつも誰からも祝福されることなく、つつがなく、静かに過ぎていくのですが…。

今年はブライダルのお姉さまからお花をいただきました!

元気の出る美人になるコラーゲンドリンクも!

ありがとうございますう~。

しあわせでございます。

おっ、そうだ。

滝の尾神社様のおかげで、大女将が毎年お赤飯を炊いてくれるのでした。

ありがたや。ありがたや。



2015/7/17(Fri) 白雪草もどこいった

この白雪草も、草取りのおじちゃんが…。

今はありません。

もし、来年出てきたら、何としてでも種を確保せにゃ。

おかみのたかみだけでは間に合わないので、草取りをお願いすることもあるのですが、やはり山野草に興味がない人にはただの草。

名前を書いた棒を立てたりしてはいるのですが、なにしろあまりにも忙しい時期で、ずーっとそばについていられないし…。

でも、自然の力は偉大だから、また来年会えるっしょ。



2015/7/17(Fri) 年輪を刻むウェディングバームロールカット

 これまた新アイディア・ウェディングケーキ・カット。

この日の新郎新婦さんは、ケーキカットをバームロールで。

これから年輪を刻んでいくお二人の甘い幸せを皆様におすそ分け、てことですね!

いいですねー。

バームロールの台も可愛い!



2015/7/17(Fri) 400年祭記念ビールタワー

 結婚披露宴のお土産に、東照宮400年祭記念ビールタワーをご用意したお客様。

お帰りのお客様にひとつづつ手渡しでお見送りしていらっしゃいました。

シャンパンタワー、というのは聞いたことがありますが、ビールタワーというのは初めて。

地震が来たら危ないのでリボンで補強させていただきました。

新郎新婦のお心のこもったおもてなし。

なかなかいいですねー。



2015/7/17(Fri) 新しい い草の香り 畳替え

 6月の初めに畳替えをしてもらいました。

日光が誇る畳マイスターの高畑畳屋さん。

昭和3年築の高井家の広間はもうすぐ米寿。

あちこち歪んでいる座敷に合わせて微妙な調整をする匠の技。

畳のヘリも角度も幅が違い、一つずつ合わせていきます。

すごいなー!

見事だなー!

全部完成して汗をぬぐう高畑畳屋さん親子です。

大女将と一緒に思わず拍手。

ありがとうございます。

いい香り。



2015/7/17(Fri) プロジェクト・フシグロセンノウ大爆発

 山野草種から育てる花咲かばあさんパート2.

5月中旬。去年の秋のけしの実のようなフシグロセンノウの種も撒きました。

こんなに発芽するなんて。

撒くのが遅かったので、今年は花が咲かないかもしれませんが、試験的に庭のあちこちに植えようと思います。

楽しみ。



2015/7/17(Fri) 大プロジェクト丁字草ファミリー

 今年は、おかみのたかみの新しいプロジェクトが始まりました。

「山野草を種から育てる」

去年の秋に採っておいた丁字草の棒みたいな種を撒きました。

すると、わー、こんなに!

ファミリー、って感じ。

そうかー。こうやって種からも増やせるんだ。

今までは株分けしかやったことがありませんでした。

そういえば、先日見えたお客様がお茶の先生で、

「山野草は3年ぐらいはごきげんよく咲いてくれるんだけど、いつのまにかいなくなっちゃうのよね。」

とおっしゃってましたっけ。

これからは種を採っておこう!

そして、花咲かばあさんになるんだ!



人気の投稿