2019-10-01

2019/10/1(Tue) 尋ねれば 蕎麦屋の道は 遥かなり

 某テレビの取材の下見がありました。

なんでも高井家の昔の蕎麦屋時代の話を聞きたいとのこと。

江戸時代からの「栗山蕎麦 高井屋」のことですね。

江戸時代の写真や記録はありませんが、明治以降の文献などに登場する話をしました。

当人は無頓着なので、ほとんどはお客様が教えてくださったり、コピーをくださったりしたものですが、読み返してみると畏れ多い評判だったようで…

大正の田山花袋の書いた記事に

「入町にある高井屋の蕎麦で、栗山蕎麦といって昔から有名だが…(中略)、ここで3、40分待って、山内流に打って貰うと、何処に行って食った蕎麦より旨い。東京で名物の蕎麦は無論の事、信州更科でも、野尻でも、戸隠でも、何処の蕎麦でも此処には及ばない…」

とあるそうです。

こんなことを読んだら、もう怖くて恐ろしくておいそれとは真似事の蕎麦打ちなど宣伝できないよ、と九代目は言います。

そんなわけで、今は細々と、悶々と、悩みながらそばを打っているわけですが、きっと収録され放映されたりしたら、期待されちゃうだろうなぁ…。

今でも時々蕎麦好きな方が訪ねていらっしゃることも。

蕎麦包丁だけは100年以上前の立派なものを使っているんですけど、軽々しく昔話できませんよね。

播磨屋の初代中村吉右衛門が日光を訪れ、高井屋の蕎麦を食べたくて残した一首「夏草のそば屋の道を尋ねけり」に答えられるでしょうか。



2019/10/1(Tue)  祝宴は 鮮やかな秋色の 花にぎやかに

 秋の婚礼フラワー。

色彩鮮やかにテーブルを飾るのは、元気の出そうなビタミンカラーのお花たち。

婚礼のテーブルフラワーは、いつも宇都宮のお花やさんが創ってくれます。

お料理が並ぶ前から、華やかに、美味しそう!に見えませんか?

テーブルフラワーもそうですが、床の間のお花を生けるたびに、おもてなしのお座敷のしつらいは、最後にお花が登場することで生命が吹きこまれるような気がします。

この日は、国際結婚の新郎新婦さん。

ご参列の皆様も素敵に輝いていらっしゃいました。

お幸せに!



2019-09-19

2019/9/19(Thu) 目にしみる 色四季咲きの カキツバタ

 早や、今年も秋風が吹く季節。

高井家の庭の池では季節外れの藍色の花。

毎年、狂い咲きですか?と聞かれるたびに説明する「四季咲きのカキツバタ」です。

12月初めまで何回も咲きます。

紅葉にはまだ早い、でも夏の山野草も一段落した静かな庭に鮮やかに咲いて、うらさみしい秋の気分を慰めてくれます。

めぐりゆく季節、そして繰り返す命の営み。

青?紫?藍?

何とも言えない日本の色です。



2019/9/19(Thu) お月見の 団子もらって 長生きを

先週の13日は十五夜。

残念ながら曇りのため、夕方からお団子とお供えでお待ちしておりましたが、お月さまにはお会いできませんでした。

その代わり、都会からのお客様はお供え飾りを珍しがってくださり、お帰りにはお団子をひとつまみ。

お砂糖にお醤油を垂らしただけのタレで、最初は15個あったお団子も9個に。

実は、女将のたかみもお運びしながら内緒で食べてました!

昔、「よその家のお団子をもらうと長生きするんだよ」と大女将が教えてくれたので、お客様、めでたし、めでたし。



2019-01-26

2019/1/26(Sat) あけまして 平成最後の お正月

 長い間ご無沙汰です。

とうとう平成最後のお正月となってしまいました。

写真機能の問題でアップできずに季節は廻り、歳月は流れ、気が付いたら2019年も早や一ヶ月が過ぎようとしております。

おかげさまで高井家は元気です!

今年もよろしくお願い申しあげます。

写真は今年の初詣から帰った九代目と女将です。

よく見ると参道を歩いたせいで靴が真っ白。

お天気の良い穏やかなお三が日でした。

平和な年になりますように。



2019/1/26(Sat) 寒中お見舞い雪の日光です

 美しい朝の庭。

日光市本町は今年2回目の雪です。

今日は、文化財防火デー。

九代目は社寺のある山内で行われる消防の行事に出席します。

何といっても世界遺産を守る地元の消防団。

寒さに負けず頑張ってください!



人気の投稿